Author: addminz | Date: 2014年7月31日 | Please Comment!

オリゴ糖のブームに乗っかって、とりあえず飲んでいるというあなた、これを機会にオリゴ糖と腸内に存在するビフィズス菌などの善玉菌との関係性を、ちょっとだけ把握しておくのはいかがですか?やはりその効果や働きまでよく知っておくことで、体に及ぼされる良い変化などにも敏感になれますし、実感を伴った自分の変化にモチベーションも上がることでしょうから。

とにかく、オリゴ糖はなぜビフィズス菌と相性が良いのか。

というのも、この成分は、腸内の、ビフィズス菌を含む善玉菌のエサとなるからです。

そのため、善玉菌を増やして、わたしたちの腸内環境を良好に保つのにちょうどいい、ということですね。

また、オリゴ糖が作り出す酸には、悪玉菌の活動を減退させる効果もあり、結果的に悪玉菌を減少させることにもつながります。

良いものを増やし、悪いものを減らす。

実に単純な構造ですね。

こうして腸内環境がを整えられることにより、便通改善などに効果が出てくるのですね。